大連塩化集団 五島分公司(2017/09)

不揃いのヂーゼル機関車。丸太を組んだような木橋。へろへろに草臥れた軌道と転轍機。そんな素晴らしい「軽便鉄道」然とした光景が、今でも中国・遼東半島に残っているらしい。

2017年の夏、3週間に及ぶ東欧遠征から帰国したのち、さて大学が始まるまでの残り3週間あまりをどう活かそうかと思い悩んだが、ふとこの塩田ナローの存在を思い出し、急遽2週間弱の遠征計画を取りまとめた。といっても、大連の安宿に10連泊し、そこを起点として日帰りで塩田ナローを訪問するというだけの計画である。

なお、今回の訪問の成功は、ひとえに「編集長敬白」の名取氏、「你好、小火车!」の一路順風氏、および「デジタル青信号」のぶんしゅう氏がネット上に公開されている情報のおかげであることを、まずはじめに書かねばなるまい。3名の心強い先駆者の方々には、感謝してもしきれない。

7日間に渡る塩田訪問のうち、6日間は金城分公司を訪れ、こちらの記事に書く五島分公司を訪れたのは9月18日のみであった。というのも、隣の金城に比べてこちらの五島は現地までの公共交通のアクセスが悪く、かつ塩田自体の規模も大きいため単独徒歩で撮影するのに不向きなためだ。

訪問当日、大連からの高速バスを復州湾の街で降りた後、顔なじみのタクシードライバーに謝屯の五島分公司まで運転してもらう。9時ごろに五島の運輸站に到着し、夕方の5時にタクシーでまた迎えに来てもらうように彼に頼んだ。タイムリミットは8時間、いざ五島での撮影開始である。

屯ろしている作業員に軽く挨拶をし、構内を撮影する。停車していたのは1008号機とタンク車の編成。後ろには塩の山が聳えている。

この場所では、ナローゲージで運んで来た塩を国鉄のコンテナ貨車へと積み換える作業をしているようだった。

さらに奥に歩き進むと、空荷の貨車が並んだ操車場へとたどり着いた。折しもディーゼルが貨車の入れ替えをしていた。今日も塩輸送の列車が走っていると見て間違いないようである。まずは一安心だ。

金城と違い、五島は路線網が2方面に分かれており、かつ塩場と操車場との距離が長いため、徒歩移動の私は撮影地をよく吟味しなければならない。とりあえず、第5〜7塩場方面へ向かう路線を見下ろす陸橋で列車を待ってみることにした。

陸橋の上で第5〜7塩場から帰ってくる列車を待っている間にも、第8塩場方面とを結ぶ別の線路を走る列車が操車場を発着しているのが遠くに見えた。どうやら私が今列車を待っている路線よりも第8塩場方面の路線の方が盛業のようだ。位置どりを間違えたかな、と思いつつそれでもなお陸橋で列車を待っていると、やがて塩を満載した列車がこちらにもやって来た。

塩田をバックに、ナローゲージがトコトコと走る。

列車がカーブを曲がって陸橋の下を潜るところで、もうひとカット。金城の機関車とは、塗装だけでなくその形状も若干異なっているようだ。

陸橋での撮影を終えたので次はどこへ向かおうかと思案したが、やはり盛業中の第8塩場方面へ向かうのが良いだろうと結論づけた。しかし問題は、第8塩場方面路線で塩田ナローらしい写真を撮れる場所というのが、現在地の陸橋から5kmほどの場所あることである。時刻は12時半、撤収までの残りは4時間半しかない。

果たして私は、炎天下の一本道を早足で北上しだした。2kmほど歩いただろうか、途中でヒッチハイクすることに成功し、現地人のご好意に甘えて私は撮影地近くまで急行した。

車を降りて運転手に礼を言い、さぁ撮影の準備をしようかと線路を見たら、すでに列車が塩田のど真ん中を走って来ていた。慌ててカメラを取り出し、一枚撮影。

幹線道路から無舗装の脇道に入り線路脇に立つ。コンクリート橋を見下ろす小高い丘に這い上がり改めて撮影の準備をしていると、ほどなくして先ほどとは別の輸送列車がやって来た。どうやら第8塩場方面だけで2列車を運用しているようだ。青空を大きく取り入れて一枚。

空荷で折り返してくる列車を、塩田のあぜ道で待ち受ける。この日は風が強く、塩田にも波が立っていた。

この撮影の後、もう一本の空荷の列車も塩場の方へと戻って行った。つまり塩場では、2本の輸送列車が今まさに塩の積み込みをしている訳である。これらの列車が再び塩を満載して操車場へ向かうところを撮影したいが、あまりこの撮影地に長居をすると帰りのタクシーとの待ち合わせ時間に間に合わなくなる。待ち合わせ場所の運輸站まで、道なりに歩いて6kmか7kmほど。どんなに早足で歩き途中時々走ったとしても、所要時間に1時間は見るべきであろう。私は撮影地の撤収最終ラインを午後4時と決めた。

3時半、1本目の列車が塩を積み終えてやって来た。9月中旬、中国東北の太陽が傾きだすのは意外に早い。

塩田の真ん中の狭いあぜ道を、ナローがゆっくりと走ってくる。まずは1本撮影ができて胸をなでおろした。

ついで先ほどと同じ丘の上に移動し、2本目の列車を待ち構える。カメラの望遠レンズ越しに塩場を眺めると、なにやら機関車が単機で行ったり来たりをしているのが見えた。退却時刻は刻一刻と迫る。午後4時、遂に2本目の列車は来なかった! 最後の未練でもう一度だけ塩場の方を眺め遣る。すると、確かに塩を満載した貨車に機関車が連結されている。あと1分だけ、と撮影地に居座り続けるうちに、やっと列車は重い腰を上げて塩場を発車し、大きくカーブを曲がりながらのろのろとやって来た!

塩場に架かる橋に編成全体が乗ったところで撮影。さらに引きつけてもう一枚。

列車通過後、撮った写真を確認する余裕もなく機材を片付ける。丘を駆け下り、砂利道を走り抜け、大通りを早足で南下する。往路と同じようにヒッチハイクできないかと通り過ぎる車にアプローチしたのだが、今度はさっぱり捕まらなかった。

待ち合わせ場所の運輸站までの最後のひと区間、踏切でちょうど空荷の列車と遭遇した。列車の運転手たちも「あれ、さっき塩田にいた坊主だな」と笑っている。

時刻は5時5分前、ここに来てやっとヒッチハイクが捕まった。老夫の駆けるバイクの後ろに跨り、 残り1kmほどの道を急ぐ。5時1分、老夫に礼を言ってバイクを降り、メロスのような気分で私は運輸站で待っているタクシーへと駆け寄った。私の8時間の五島分公司撮影は、ついに幕を閉じた。

 

2017年9月18日、中国と日本のひとつの運命の歯車が回り出した柳条湖事件から、ちょうど86年の日の撮影であった。

- Toppage -


Copyright © 2017 停・看・聴 All Rights Reserved.