台中線(山線)/泰安ー三義

by管理人(2015年7月撮影)


夕陽のアーチ橋を駆け抜ける
 
台湾西側の大幹線たる縦貫線は、竹南と彰化の間で海線と山線に分岐する。この区間はトンネルとトンネルの間を高いコンクリート橋で繋いだ、まさに山線といった景観。北向きに走る列車を撮影するので、夕方に狙うのが吉。
 
100mm・午後側面順光
 
泰安站下車、徒歩一時間。
 



縦貫線(海線)/龍港ー白沙屯

byクリオ(2017年6月撮影)


風車横目に汽車が往く
 
河口付近の橋を渡る海線の順行列車を風力発電をバックに撮影できる。順光時間は午前中だが、海に沈む夕日と撮るのも良い(作例はどちらの時間帯でもない)。
 
200mm 午前順光
 
西部幹線海線龍港駅から徒歩20分
 



縦貫線(南段)/嘉義

by管理人(2015年12月撮影)


バルブで編成を綺麗に撮影
 
嘉義站には中線があるため、縦貫線を南下する列車のバルブ撮影に適している。優等列車でも停車時間が比較的長く、アングル決めも容易。區間車や莒光號の他、行包専列(荷物列車)も撮影可。
 
70mm
 
嘉義站2番ホーム南端
 



縦貫線(南段)/新左營ー左營

byクリオ(2017年2月撮影)


高雄近郊のお手軽撮影地
 
高雄の地下化予定の区間。歩道橋の上から撮影。敷設中の地下へのアプローチ部分の線路と絡めて撮るのも良い。架線柱が片側しかないので車両を障害なく収められる。
 
200mm 午後順光
 
台鉄左營駅徒歩8分、捷運生態園區駅徒歩15分
 



縦貫線(南段)/左營ー鼓山

byクリオ(2016年9月撮影)


高雄の街を背に「普悠瑪」がゆく
 
高雄の街並みをバックに地下化予定の線路を走る順行列車を撮影できる。作例は当時一往復しかなかった潮州発の普悠瑪号。鉄道駅からのアクセスは困難なのでバス利用推薦。
 
50mm 午後遅め順光
 
高雄駅から向かう場合 218a系統に乗り九如橋バス停で下車、徒歩5分
 



高雄臨港線/高雄ー高雄機廠

byクリオ(2017年2月撮影)


旧型客車の職員輸送を順光で
 
50層世貿と職員輸送を絡めて撮影出来る撮影地。朝の職員輸送なら順光で捉えられる。鉄道駅からのアクセスが少々悪いのでバスが使えるとなお良い。
 
35mm 午前順光
 
捷運文化中心駅から徒歩13分、高雄駅から徒歩24分
 



- Toppage -


Copyright © 2017 停・看・聴 All Rights Reserved.