・・・

2018年のゴールデンウィーク、私は大学から空港に直行し、北京経由でモンゴル・ウランバートルに降り立った。今回は赤茶けた丘しか見えない原野のゲルキャンプを拠点とし、初のモンゴル撮り鉄に挑む。

翌日、朝4時半に飛び起きて身支度。5時、満月を背に出発し。明るい東の空を目指して歩くこと一時間、バヤンの丘の上に立つ。寒風吹き晒す丘で待つこと暫し、夜行鈍行285列車が朝陽に輝く荒野を猛然と駆けてきた!

バヤンΩカーブ周辺はアングルが豊富で、太陽の動きに合わせて立ち位置を変えて行けば一日中愉しむことができる。長編成の列車ばかりなので、どうしてもS字+俯瞰というのを狙ってしまいがちではあるが。ウランバートル方面に向かう貨物がバヤンωに進入する。列車がカメラのフレーム内に現れるずっと前から山に機関車のエンジン音が谺するのは、モンゴル撮り鉄の醍醐味だ。

上の写真と反対側のΩ端部逆Sカーブ。こちらは俯瞰の高さはあまり取れないが、夕刻に通過する列車を美しい光線で捉えられる。

機関車はウクライナ・ルガンスク製の新鋭2TE116U"D"型。上の写真の"M"型と比べ、外観は塗装以外大差ないもののエンジンはアメリカGE社製のものを新製時より搭載している。モンゴルの鉄道事情は東西大国の狭間を行ったり来たりしているようである。

バヤンΩカーブの途中にあるω区間。貨物列車の本数は多いモンゴルでも、願ったほどの長編成ではなく今ひとつ迫力に欠ける…ということは多々あり。この編成も欲を言えばもう少し長さが欲しいが、珍しく本務機の前照灯が点き、候補機にはDASH7型も連結。背景の山に雲が掛かってしまったので、列車にズームインして撮影した。いかにも…という表情の共産圏型機関車と、これまた一目でアメリカGE社製と判るDASH7が峠で共闘するのはなかなか胸が熱くなる光景ではないか。

上の場所から広角気味に撮るとこういったカットになる。この場所では何本かの列車を待ったものの、背景の山並みにも雲がかからなかったのはこの写真だけだった。峠越えに猛るエンジン音がすり鉢状のΩカーブに響き渡る。

3日間バヤンを歩き回った後、もう一つのΩカーブを目指してホンホルへ移動した。今までいたバヤンはウランバートル市街から30km余りの場所にあり、ホンホルは両者のおよそ真ん中に位置する。

ホンホルΩ線逆S字カーブは押しも押されもせぬモンゴル鉄の聖地である。大陸横断輸送を担う超弩級貨物列車は、この見事な俯瞰撮影地を以ってしてもフレームに入りきらない。夏の草原の風景が定番ではあるが、春先の乾いた風景も澄んだ空と青い機関車が一層映えてまた魅力的。

ホンホル2日目、逆S字カーブを望む岩肌に直登し夕刻を待つ。前日は曇られてしまったこの撮影地、狙うは700km先の中蒙国境ザミンウード行き鈍行276列車。モンゴル名物の2Zagal型 -ソ連型とアメリカ型の合いの子機関車- の重連に牽かれる20両以上の客車は、山影に隠れる直前の光線に照らし上げられ優雅な弧を描いた!

バヤンΩカーブ座標
47°41'18.9"N 107°12'21.3"E

ホンホルΩカーブ座標
47°48'03.3"N 107°08'22.4"E

撮影最終日の朝方、南からの鈍行282列車を撮影してモンゴル撮り鉄の締めとした。毎朝日が昇る前に歩き出し、日が沈んでからやっと宿に戻り夕食を平らげる苦しいながらも愉しい日々であった。ふと歩数計を見ると、この1週間弱の撮影でのべ百数十キロを歩いていたようだ。さすがに疲労困憊、帰国後もしばらくは脚が痛んだ。

海外鉄の先輩が数年前に撮影されていた写真を見て以来憧れていたモンゴルのΩカーブ群。今回の写真は氏の記事に敬意を示し「遥かなるモンゴル」とした。

また、今回遠征のための情報蒐集ではUB Railfanにお世話になった。モンゴルの鉄道の時刻表から車両情報や撮影地まで見事に纏まっているので非常に心強かった。

驚いたのは1週間弱の滞在と撮影の間、2人の日本人撮り鉄と撮影地で出会ったことである。中国や台湾でもこんなことはなかなか無い。

右の写真は撮影中に私の荷物一式を検査に来た野良犬。賄賂(朝飯のサンドイッチのかけら)を渡したところ懐かれてしまい、以後数時間撮影を共にした。人影すら疎らな遥かなる荒野で意外な出会いに恵まれた旅であった。